仲間を知る
先輩インタビュー #2
住宅部 現場監督
石塚 由樹

石塚 由樹 

住宅部 現場監督

出身地:栃木県

血液型:О型

趣 味:スポーツ

喜んでいる顔を見たいから、
自然に頑張る力が湧きます。

学生時代は何を学んでいましたか?

高校、専門学校と技術系の学校に通い、主に建築についての勉強をしていました。高校では製図や測量、木材加工などを学び、専門学校では主に製図をずっと描いていました。自分が手掛けた住宅が地図にのると思うとワクワクしながら図面を作成していたのを思い出します。

エステートではどんな仕事をしていますか?

現場監督の仕事をしています。学校でさんざん製図を書いてきて設計に携わっていると思っていたので自分でも驚きです。ですが、就職活動で現場監督という職を見ていたら、体を動かすことが好きな自分にとって合っているのではないかと思い選択しました。かといって全く図面を描かないわけではないのでやってきたことが無駄ではないです。また、エステートでは注文住宅をメインに建てています。お客様の希望を聞きそそのプランに沿って家を建てていきます。出来上がった図面をもとに実際に工事の段取り、各業者の手配、指示などを現場監督として行っています。

現場監督の面白いところは何ですか?

実際に建物ができていくところが間近で見れます。何もない土地から少しづつ建物が出来上がっていくところを現場監督が一番近くで見ているので、完成した時の達成感があります。また、お客さんが完成した建物を見て喜んでいただけるとこちらも嬉しくなるので、頑張ってよかったと思えます。

仕事上でのポリシーはありますか?

コミュニケーションをしっかりとることです。現場監督は営業、設計、現場に入る職人さんと仕事をします。コミュニケーションをとることでより良いお家が出来上がっていくと思います。報・連・相を怠ってしまうと、現場に大きな支障をきたす場合もあるので十分注意しています。

若い人でも活躍はできますか?

もちろんです。現に自分も新卒から働いていますので問題ありません。自分が現場監督という職に就く際の一番の不安要素が現場の職人さんとのコミュニケーションでした。偏見になっしまいますが、自分の中では「怖そう」や「厳しそう」といったマイナスなイメージを持っていましたが、実際に現場に行き接してみると真反対で、親切で愛想良く、業者さん同士も仲がよくてすぐに馴染めました。どの業者さんも協力的でサポートしてくれますよ。

これからの目標を聞かせてください

今よりもさらに知識を増やし、違う角度から物事に対して接していければと思います。現場を進めていく中でもちろん上手くいかないこともあります。そんな時に様々な観点から答えを導きだして少しでも良い方へ持っていくことが自分の務めだと思っているので、これからも精進していきます。

これから就職活動をする学生へのメッセージ

人と接するのが好きな方はとても向いている仕事だと思います。自分が所属している部署は皆さん人当たりがすごく良く、分からないことも親切丁寧に教えてくれるので人間関係を気にしている方も心配いりません。20代の若い方も増えてきているので親近感も持てると思います。他にも沢山の会社があるので一番は皆さんが行きたい会社へ行くのがよいと思いますが。先ほど言ったことが弊社の強みだと思ていますので是非参考にしてみて下さい。

中途採用情報

募集要項

会社概要

エステート住宅産業は、フルライン機能を有する不動産・建設業として地域オンリーワンを目指しています。

【商 号】エステート住宅産業株式会社
【本 社】宇都宮市駅前通り1-1-5 TEL.028-621-0021(代) 
【設 立】昭和61年7月1日  【代表者】古山 武史  【資本金】6,330万円

【業者登録・免許】特定建設業/栃木県知事許可(特-29)第18880号
         一級建築士事務所/栃木県知事登録A二第2360号
         宅地建物取引業/栃木県知事免許(9)第2706号
         賃貸住宅管理業/国土交通大臣登録(02)第001482号
         住宅宿泊管理業者/国土交通大臣(01)第F00168号

【加盟団体 】社団法人 栃木県建築士事務所協会  建設業労働災害防止協会栃木県支部
      社団法人 栃木県宅地建物取引業協会  公益社団法人 全国宅地建物取引業保証協会
      全国賃貸管理ビジネス協会  公益財団法人 日本賃貸住宅管理協会
      公益社団法人 全国賃貸住宅経営者協会連合会  全管協共済会代理店

Copyright (c) Estate Housing, Inc. All rights reserved.